鍼灸治療

人間の身体には数多くのツボ(つぼ、経穴)があります。
ツボに鍼を打ったり(鍼治療)、お灸したり(灸治療)をすることで刺激を与え、血液の流れを改善をしたり、免疫力を高め体調不良を改善するのが鍼灸治療です。そのメカニズムはまだ解明されていない部分もありますが、効果については近年WHO(世界保健機関)でも認められ、世界各国で取り入れられております。
皮膚に鍼を刺し刺激を与えることにより、身体は傷ができたと錯覚します。すると、人の身体は傷を治そうと、鍼を打った部分に血液が集まり血の流れも良くなります。それにより、筋肉の緊張が緩んだり、痛みを誘発させる物質や炎症物質を減少させます。実際使用する鍼は髪の毛ほどの細いものを刺しますのでほとんど痛みは感じません。

その反応によって新陳代謝が活発になり、人間が本来持っている自然治癒力を引き出すだけでなく高めることで痛みや疲労症状を改善させたり予防をします。

なかなか治らない慢性的な痛み、神経痛や身体に不調のある方、薬に頼りたくない方がお身体の調子がすぐれない方、疲れやだるさがなかなか取れないという方にもお勧めです。

鍼灸治療

鍼や灸は上記の治療だけでなく、近年は美容の分野でも大きな注目を浴びています。

人間の皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層に分かれています。「表皮」から「真皮」へ鍼を刺すと細胞が、人間の体に備わっている「自然治癒力」が働いて壊れた組織を修復しようとします。すると、新陳代謝が活発になり、コラーゲンやセラミドの分泌が促進され、血行がよくなります。このように、美容鍼では、肌の内側に直接アプローチすることで、肌に張りが出るだけでなく、しわやしみ、くすみなどの改善が期待できます。