最新電気医療機器

当院では「ES-5000」という最新の電療機器を導入しております。
当機には複数のモードがあり、様々な症状に対応しております。  

・立体動態波モード(3D干渉電流刺激療法)
三次元的に電流が広がり、身体の深部まで高い鎮痛効果(高周波採用)を発揮し、筋肉のみならず関節内部まで効果的に刺激が届きます。3D刺激によるうねるよう刺激により、高い鎮痛効果を実感できます。 
・3D EMSモード(電気的筋肉刺激)
筋肉の収縮とと休止を繰り返すことにより、疲労感なく筋力トレーニングが可能です。
筋力低下の予防や筋委縮の改善にも効果が見込めます。
促通(筋出力が上がる)
電気刺激により、神経が促通され、筋力はあってもうまく使うことが出来ていない筋肉を、最大限に引き出す事ができます。
抑制(筋出力が下がる)
電気刺激により神経が抑制され、筋肉のクセを直し、正しい動きを再教育をすることができます。  出力方法によって促通と抑制のどちらも可能になります。  
・3D MENSモード(3Dマイクロカレント療法)
微弱な電流を流すことで傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進するマイクロカレント療法を立体的(3D)に行います。

立体動態波モードの1/ 1000という極めて弱い電流で、刺激をほとんど感じないため、電気治療特有の刺激が苦手な方も安心して受けられます。 
・Hi-Voltage(ハイボルテージ)モード 
150Vを超える高電圧を用い、深部への刺激に適し、疼痛の軽減や血流の促進、可動域の改善などに用いられます。痛みの軽減や血流量増大、治癒促進などに効果的です。 

当院では、ES-5000の効果を最大限発揮するため、定期的な手技の技術セミナーだけでなく、電気治療のセミナーにも定期的に参加しております。  

※当機の施術はお身体の深部まで電流が到達します。高齢者や体内に金属が入っている方、ペースメーカーをご使用の方はスタッフにご相談ください。

ES-5000とは