手足のシビレ

手足のしびれには下記のような症状が含まれます。

・ビリビリとした正座した時に起こるようなしびれ。
・感覚が鈍い、触られた感じがしびれていない側と違う。
・力が入りにくい、力が入らない。

しびれが出る場所は、脳や脊髄といった中枢神経、脊髄から枝分かれして手足の先まで延びている末梢神経のどこかに異常があっても起こります。当院では適切な処置を施すため、しびれの場所や範囲、しびれの起き方で原因となる場所を特定するために検査を行います。

中枢神経からのしびれで多いのは、脊椎の間にある椎間板という線維軟骨が背中側に飛び出し、神経を圧迫する椎間板ヘルニアや、脊髄神経の通り道が狭くなることで症状が起こる脊柱管狭窄症などがあります。

また末梢神経のしびれでは、肘部管症候群、足根管症候群など神経が通るトンネルの変性によるものや、筋肉の緊張により神経が締め付けられて起こるものもあります。

これらの神経症状に対して、神経が圧迫されている部位を明確にし、そこに対して適切な施術を行うことで症状は比較的スムーズに改善してきます。中には圧迫がきつく、しびれが残る場合もありますが、様々な施術を用いて改善を図りますので、手足のしびれで悩まれている方は、ラパン鍼灸院整骨院にご相談ください。