スポーツ外傷治療

スポーツ障害、スポーツ外傷とはスポーツによって起こるケガや故障の事を指します。

スポーツ障害はスポーツ外傷と違い、繰り返しの練習によって蓄積された、疲労やストレスによって起こされる症状がほとんどです。
痛みの原因に強くひねったり、何かがぶつかったなど、思い当たるものが無いにもかかわらず痛みがあるという方が多くいらっしゃいます。
スポーツは痛みや怪我が隣り合わせのものです。ですので、適切な処置をすることが理想のプレー、タイムに繋がると考えております。
痛みで練習を休みがちな選手よりも、練習に休まず参加し続ける選手のほう成長する場合がほとんどです。
患者様自身のお身体としっかりと向き合い、痛みやお身体の状態を定期的に確認することをお勧めいたします。

スポーツ障害の一例

■ 野球肩、野球肘
野球肩と野球肘は、投球動作が原因となり引き起こされるスポーツ障害です。
投手は繰り返しボールを投げ込んでコントロールを身に付ける場合がほとんどなので、投手に多く見られます。野球に関するスポーツ障害は、指導者の練習量の配慮も関係しています。

しかしながら、安静にしすぎると回復が遅れてしまうので、負担のかかった筋肉に治療し、投球フォームの改善を行うことが重要です。

■ オスグッドシュラッター病
膝の痛みや、正座、しゃがむことができないなどの症状が多い。
バスケットボールなどの跳躍系の競技だけでなく、激しい運動を行う10代前半に多くみられます。

■ シンスプリント
「疾走型」
ランニングやダッシュを繰り返し行う陸上選手にみられ、多くはスネ(脛骨)の内側中下1/3に痛みがでる。

「跳躍型」
バレーボールやバスケットボールなどで多く見られ、ジャンプの繰り返しにより起こり、スネ(脛骨)の内側中1/3に痛みがでる。

■ テニス肘
テニスのバックハンド、フォアハンドでのストロークをする際に肘に生じる痛み。
バックハンドのときの痛みは肘関節の「外側」に、フォアハンドのときの痛みは肘関節の「内側」に出ます。
日常生活ではドアのノブを回すとき、ビンの蓋を開ける時、タオルを絞るとき等に同様の痛みが生じます。
筋肉の使い過ぎによる疲労や、部分的に損傷していることなどが原因とされています。

スポーツ外傷
練習や競技(試合)中に起こるケガを指します。
運動中に転倒したり、人と激しくコンタクトした場合などの強い外力によって起こるケガです。身体に働く力が大きいため、けがも重症度になる傾向にあります。
痛めた個所の治療は当然ですが、けが以外の部分の筋力などの機能を落とさないトレーニングも必要になります。
けがの原因の背後に身体的な特徴や運動の癖など身体的問題があることも考えられ、日常生活で起こる外傷(怪我)と同じようなものがあります。