首・肩の痛み

首や肩の痛みといっても、原因や症状はさまざまです。

首の痛み

現代人の首や肩の痛みの主な原因は「長い時間、同じ姿勢でデスクワークをしている」「同じ姿勢で長い時間、仕事を続けていること」などによるものです。
現代人の生活やお仕事は、首の痛みを引き起こしやすいと言えます。

また、加齢に伴い筋肉が弱くなり首に痛みが出てくる場合もあります。
ほかにも、なで肩など骨格、いつも背中を丸めてしまう(猫背)など姿勢の癖、体質の問題が原因の場合もあります。

さらには医学的に見ると、頚椎ヘルニアや胸郭出口症候群や、交通事故で発生するむちうちや、突発的に起こる寝違えが関係している可能性もあります。
生活の中で抱えるストレスに起因する痛みの場合もあります。

首が原因で引き起こされる症状は以下のものが主に挙げられます。

問診

・ストレートネック
・首の可動域の低下
・肩こり
・頭痛
・指先の冷え、指先の感覚の低下(知覚異常)
・背中の痛み引き
などがあります。

肩の痛み

肩の痛みとひとくくりに言っても、原因はさまざまです。
一般に言われる肩こりや四十肩、五十肩の可能性もあります。
なぜ痛いのか、その原因を特定することが大切です。

上にも書きましたが、現代では、長い時間同じ姿勢で仕事をする方が多々います。
一日中パソコンと向き合うなど、長時間の同じ姿勢が原因となり痛みが生じることがあります。
また加齢とともに筋肉が弱くなり、腱板を痛めてしまうことも